マスクがなければ作り出す、凄すぎる日本人と中国人

  • 2020.03.27 Friday
  • 09:48

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

連日新型コロナ関連のお話を聞いて、マスク売り場を見て「やっぱりマスクないな〜」と思う今日このごろ。

kinaもちまちまと自分用の手作りマスクを作ってます。

 

これに関しては本当にラッキーとしか言いようがないのですが、去年の年末から今年の始めにかけて、「手作り下着を増産するー」ということでダブルガーゼの生地をかなり買い込んでました^_^;

その生地の余りが現在マスクとして大活躍しているというわけで、昨日楽天のサイトでダブルガーゼの生地を探したら…考えてることは(当たり前ですが)みんな一緒で、ダブルガーゼの生地がほとんどなく、あっても高い、と。

 

kinaがマスクをせっせと作っているのと同じように、家族や知り合いのためにマスクを作っている人の気持ちはわかりますし、このような状況でも布地やゴムをたくさんの人に供給しようと頑張ってるメーカーさんやお店の方には頭が下がります。

 

日本でマスクが無くなったら、kinaのように「手作りでマスクを作ればいいのよ」と自作しちゃう方もいますが、驚いたのは「緊急時にどうぞ。ガーゼのハンカチと髪の毛を縛るゴムで作る簡易マスク」や「マスクがない?キッチンペーパーと輪ゴムでマスクを作ればいいじゃないの」とばかりに身近にあるもので簡易マスクを開発する方達の存在です。

そういうアイディアを見るたびに「日本人って凄いな〜」と思います。

 

それで、今回の新型コロナの発祥地である中国も見た目はともかくアイディアでは負けておらず、「マスクがない?そこにペットボトルがあるだろう?」とばかりに、ペットボトルで自作マスクを作っていた方は多かったみたいですね。

自作ペットボトルマスクの見てくれは決して良いとはいえませんが中々に高性能で、目もガードするので目からの飛沫感染に伴うウイルスの侵入を防げるし、透明なので電車や銀行にも行っても法律違反にならないというスグレモノ^_^;

 

「ないならない」で代用品を作り出す人達って本当に凄いと思います。

土鍋でご飯を吹きこぼれさせない(まさかの)方法

  • 2020.03.21 Saturday
  • 10:56

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

kinaは6号の土鍋でご飯2合を炊いてます。

「これだったらきっと吹きこぼれる」と思われると思いますが、「お米が沸騰させるまで蓋をせず、沸騰してから蓋を閉めて炊く」というお米の炊き方で乗り切ってます…が、実はこの炊き方でも吹きこぼれはします。

例外は「国産土鍋」といったら誰もが連想する、あの土鍋くらいかと。

 

それ以外の土鍋だったら雑穀を少量入れて、お米が沸騰するまで蓋をしない方法なら、吹きこぼれすることはありません。

少なくとも、kinaの使っている20ん年前に30%セールで購入した(ぉぃ)土鍋は雑穀を入れて蓋をしないで沸騰させたら、吹きこぼれはしません。

多分雑穀が入ることで、お米の時よりも水分を多く吸収することで吹きこぼれないのかな?と思ったりしてます。

 

…というわけで最近は土鍋と同様に国産の雑穀を探しているのですが、地味に国産の雑穀って中々売ってないし、売っていたとしてもお高いです…(¯―¯٥)。

ペルー産のアマランサスは許せますが、中国産のあわやきびには頼りたくない。

 

とりあえず、今のところは国産の大麦だのもち麦だの丸麦だののブレンドしたものを使ってます。

気が向いたら、国産の雑穀がたくさん入ったものも使おうかと思ってます。

 

 

 

 

お米が美味しいと、ご飯とお味噌汁と漬物だけでも満足できるご飯になります。

お味噌汁は具だくさんにしてますけどね。

それにしても…「健康のため」よりかは「吹きこぼれさせないため」に雑穀を使うkinaってどうなんだろう?

 

 

 

プラスチックおひつの賢い利用法?

  • 2020.03.16 Monday
  • 06:11
評価:
森井
¥ 1,512
()
コメント:kinaが捨てられないのがこのおひつ。ご飯はもちろん、お団子もしっかりたくさん入って持ち運びに便利(*^^*)。

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

土鍋にしろ文化鍋にしろホーローの何とか鍋にしろ、「お鍋で炊いたご飯」に欠かせないのがおひつだと思ってます。

お鍋で炊いたご飯をそのままにしても良いのですが、それだと味が若干落ちる気がするし、土鍋ならともかく、電子レンジにかけられないお鍋でそのままにしておくと、電子レンジを使う時にどっちみちご飯を出さなくてはいけませんからね。

 

kinaはセラミックのおひつを普段使いしていますが、以前使っていたプラスチックのおひつも「何かの時に」と持っていました。

 

それで、その「何かの時」が来ました^_^;

お寺で法事をする時に、お団子をおひついっぱいに詰めて持っていきました。

目論見通りにお団子40個、3合のおひつにしっかり入りました。

 

「何かの食べ物を持ち歩く時」にこのプラスチックのおひつは意外に使えます。

あと、「外でご飯を食べる」的な時にも、軽くて丈夫なプラスチックのおひつは便利。

kinaが使ってるのはおひつにはまるしゃもじ付きなので、外に出てご飯を盛る時にはかなり使えます。

 

そしてお団子は法事が終わったらすいとんにして、kinaのお腹の中へ直行。

めんつゆを薄めて、そこに大根だのにんじんだのしめじだのかぼちゃだのお肉だのを入れて煮るだけで出来ます(*^^*)。

それでいて美味しいので、法事の後の密かなお楽しみです。

お団子を無駄にしなくて済みますし。

 

あくまで普段使いはセラミックのおひつですが、こういう時に使えるからこそ、森井さんのプラスチックのおひつも捨てがたいです。

普通の土鍋でご飯を炊くと

  • 2020.03.14 Saturday
  • 07:15

JUGEMテーマ:料理

 

「ご飯を美味しく食べる」というのは、kinaにとっては意外と重要な命題だったようですが…それと同じくらい「後片付けが楽な御飯炊のお鍋」というのも重要な命題です。

そりゃあフッ素加工したお鍋を使ったら後片付けは楽ですが、加工していたのがはがれたら健康的にどうなの?というのもあるので躊躇してまして。

 

それで一度、思いついて普通の土鍋でご飯を炊いてみました。

 

普通の土鍋で炊いたご飯は美味しいのは知ってましたし当然ですが…後片付けが楽、というのを改めて思い知りました。

ステンレスのお鍋のようにゴシゴシしなくても、冷めてからお水につけておけばするっと汚れが取れるのです。

「kina、普通の土鍋を侮ってたわ〜」と思ってしまいました。

吹きこぼれは、ご飯が沸騰するまで蓋をしない炊き方をしたらほぼ大丈夫。

6号で雑穀入りでも2合は炊けます。

 

自宅で使っているお鍋は20ん年前に980円のを30%セールで買った(ぉぃ)お鍋ですが、実家にもごはん炊き用の土鍋を置いておきたいと思って探しましたが、時期的に国産といえばこれしかないのでこれの6号を購入。

土鍋と言えばこの柄ですが、柄に何となく抵抗があって、今の今まで使っていなかったという^_^;

 

…このお鍋が人気な理由がよくわかりました。

自宅で使っている土鍋より軽いし、たくさん入るんです。

もちろんご飯を炊いても美味しいし、汚れ落ちも良い。

 

美味しいご飯を土鍋で炊いていきましょう(*^^*)。

評価:
---
銀峯陶器
¥ 1,990
()
コメント:この土鍋が人気な理由が、使ってみて良くわかりました。比較的軽いし、結構入ります。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM