松前神楽と神の話

  • 2019.09.16 Monday
  • 17:07

JUGEMテーマ:歴史

 

先日、国の重要無形民俗文化財に指定された松前神楽を見るチャンスがあり、見てきました。

松前神楽とは、松前藩で行われた神楽です。

特に道南は松前藩と関わりが深かったので、こういう形で影響が残っているんですね。

地味に、神楽を執り行う宮司さんが身につけていた衣装に武田菱が入っているのに気づいて、思わずニヤついちゃいました^_^;

 

松前神楽だけでなく、三条神楽の「太平楽」という舞も見ましたが…あれは神様も大喜びするだろうな、と思うような舞でした。

なかなか見ごたえがあって面白い神楽でしたが…びっくりしたのが、松前神楽が始まる前に、ちゃんと神様が場に降りていたこと。

 

ちょっと怖い面持ちの神様だったので、「どうしたんだろう?」と思っていたのですが、演目の中に熊野権現様が出てくると聞いて納得。

熊野権現様が降りてきていたみたいですね。

 

本気で神様を降ろせる松前神楽、機会があったらぜひ御覧いただけたらと思いますし、松前神楽が今後より発展していきますように。

文在寅とヨハネ黙示録

  • 2019.08.09 Friday
  • 09:56

JUGEMテーマ:韓国

 

日本が韓国に対してホワイト国優遇解除が正式に決定されました。

その中で、経産省の承認を受けたレジスト20kgが韓国に向けて輸出されたそうです。

その中でも、フッ化水素を韓国が北朝鮮やイランに横流ししていたのでは?という疑惑が払拭されていない状況です。

 

一連の流れを見ていると、kinaの頭の中にはヨハネ黙示録の一節が流れていくような気がしてなりません。

この世の終わりには偽キリストが出て来る、それを崇める偽預言者が登場するというあたりです。

 

偽キリストは666の数字が隠されていると北朝鮮では公言されている金正恩で、偽預言者が文在寅大統領…と。

偽キリストが崇める偽の神が核兵器だとすると、それを拡散するのが偽預言者なわけです。

そして、核兵器の原料になるフッ化水素酸の輸出と横流しが激増したのが文在寅大統領当選後と言われてます。

 

アメリカのトランプ大統領は、日本ではカードのトランプ=TRUMPと思われがちですが、楽器のTrumpetの冒頭部分とスペル一緒だよね、という話を聞いた時にゾクッとしました。

ヨハネ黙示録でも、最終戦争を呼びかける天使はラッパ=Trumpetを吹き鳴らす、となっています。

第6の災いである、「世界中の水の1/3は苦よもぎのようになって飲めなくなった」の苦よもぎは古いロシアの言葉で「チェルノブイリ」というのはわかってますからね。

 

仮にそうだったとしても、黙示録を書いたヨハネが見たもの以上に偽預言者がおバカで、偽の神に捧げる供物は偽キリストや偽預言者が作り出せず、最終戦争を呼びかける天使は戦争を呼びかけるよりも、北朝鮮に向かって偽の神である核兵器を放棄させるために頑張っていることは世界にとっては幸いなことだったのかもしれません。

その天使のそばには、マリアはつかないけどアヴェもいらっしゃいますしね^_^;

ホワイト国除外と、今そこにある危機

  • 2019.07.07 Sunday
  • 06:32

JUGEMテーマ:韓国

 

これは安全保障上の問題ではありますが、ついに日本が対韓国に向けて、ホワイト国除外という措置を決定しました。

徴用工問題…というよりは募集工への補償問題、慰安婦でも何でもない、朝鮮人経営の売春婦への補償問題とは全く別の、韓国に輸出した戦略物資が行方不明になっている…という問題が発端になっている措置です。

この中のフッ化水素は核開発に関連する、ウラン濃縮にも使われる、毒性の高い激ヤバなシロモノで、韓国経由で他国に流れているのではないか…と。

一番疑惑が濃厚なのがイランと北朝鮮という、核開発を強行している国だったりします。

このことに関して韓国を何度か問い糾そうとしても、韓国はその話し合いの場に出てこない…というわけで、たまたま色んな問題に重なったこの時期にホワイト国という優遇を除外したから制裁に見える、と。

 

いや〜ん、kinaそんじょそこらのマスコミさんよりもきっちり説明できてる〜(ぉぃ)。

 

ホワイト国除外は安全保障上の問題で、徴用工とかいう問題や慰安婦とかいう問題への制裁でも何でもなく、それらの制裁は今後順を追って課されていくようなのですが…韓国さんはこの時点で大パニック。

きっちり書類を出せば、認可は通るだけなんですけどね。

 

パニックになった韓国のマスコミは疑心暗鬼状態で、「日本の銀行が韓国に対する融資を引き上げるのでは?」と不安になり始め、さらに「どこそこのマスコミが悪い」、「財閥が情報収集してないから悪い」なんて政府高官が口走ったり、「誰々が悪いからこうなった」とあらぬ犯人探しを始めている状態です。

そして、文在寅大統領は沈黙を守ったまま^_^;

この人、どうでも良い時には出てきてますが、韓国の責任に関わるような重大な問題の時には何故か表立っては出てきませんね。

ラオスのダムの時もそうでした。

 

政府系マスコミは、大統領への追求を何とかかわそうとしているのが伺えたりして、李氏朝鮮の末期も、こんな感じだったのかな…という目で一連の流れを見ています。

 

KOSPIは日によって違いますが徐々に下落していますし、一度戻したドルウォンも、再度緩やかに上昇し始めました。


韓国には、今までしてきたことのツケを払っていただくことになるかと思います。

それはおそらく、世界の主要国の同意を得たことなのでしょう。

ウラン濃縮にも使われるフッ化水素が韓国経由で北朝鮮だけでなくイランに流れているとなったら、日本海の瀬取り対策にわざわざ遠く離れたイギリスやフランスの海軍が参加したのも、安倍総理がG20の前にイランに訪問したのも、G20後にトランプ大統領と金正恩が突然会談したのも全部つながりますね。

 

しっかし…普通輸出で食ってる国が、ここまで様々な国を敵に回すようなことをするかねぇ?

日本はともかく、安全保障でかなりお世話になっているアメリカ様にも、かつての宗主国様にして現在の最大貿易国である中国にも喧嘩を売るというのは、普通はありえないことかと。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM