やっぱりアガサ・クリスティは凄い

 

とある発言小町のトピックの中で、毒親気味の方が「一度この本を読んでみたら?あなたにそっくり」と勧められていたのが「春にして君を離れ」というアガサ・クリスティの小説でした。

今回、わりとしっかりと読みました。

アガサ・クリスティはkinaが一番好きなミステリー小説家で、名探偵ポワロのTV版はよく見ていたものでした。

特にオリエント急行殺人事件は最高…あんな犯人、当時の読者はきっと思いつかなかっただろうと。

 

 

この本は誰も死にませんし、名探偵も出てきません。

kinaは一応「毒親気味の人に」という先入観を持って見ていたからすぐにわかりましたけど…初っ端からかなり怖さを感じる内容でした。

先入観無く読んだとしても、明らかに「これはやばい」というのが外(主人公以外の登場人物や読み手)にばしばし伝わっているのに、ご本人だけにはわからないという、そこはかとない怖さとヤバさ。

 

この「そこはかとないヤバさ」を絶妙に表現しているアガサ・クリスティはやっぱり凄いと思います。

 

大多数の人はこの本に書かれた「そこはかとないヤバさ」に気づくと思いますが、その「ヤバさ」に気づけない方もいらっしゃるかと思います。

 

できればこの「ヤバさ」に多くの人が気づき、そして同じ轍を踏みませんように。

コメント