kina、アイリッシュ・ホイッスルをやってみる。

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

前から興味があった、アイリッシュ・ホイッスル(ティン・ホイッスル)を、ケルトの笛屋さんから購入してみました。

本当はローホイッスルが欲しかったのですが、去年ホイッスルの試奏サービスを利用してみたところ…「指が届かない」という物理的な理由からローホイッスルを諦め、Sweetoneのティン・ホイッスルを購入。

ケルトの笛屋さんの無料楽譜ダウンロードを活用しまくり(ぉぃ)、スカボロ・フェアだのFoggyDewだの月の光にだのを色々演奏。

本当はもう少しテンポの早い曲も試してみたいのですが…お約束で指が動かないし、呼吸も続かないので、まずはゆっくりめの曲から色々試そうかと思ってます。

 

色々吹いてみまして…ケルトの曲って、改めて良いなぁとしみじみ思います。

テンポの早い、超絶技法な曲を吹けたらもちろんカッコイイですが、ゆっくり目で簡単でも心に染みるような良い曲があって、そういう曲があること、演奏できることが嬉しいと思ったりしてます。

 

それで…アイリッシュ・ホイッスルをやってて、「やっぱり声楽は良いよなぁ」と思うkinaもいたりします^_^;

さらに、大人っぽくかっこよく、ピアニカを演奏してみたいとも思ったりします。

 

最近ようやく「誰かの真似でない自分で良い」と思えるようになったので、すご〜くできるわけでもないですが、声楽も、アイリッシュホイッスルも、もしかしたらピアニカも演奏できちゃう歴史好きな占い師になっちゃってるかもしれません^_^;

 

誰かが「学校の授業の中で、人生を豊かにしてくれるのは、受験には関係のない音楽・家庭科・美術だ」と言ってたらしいですが、その言葉に凄く同意したくなる今日このごろです。

コメント