4000年の時代遅れか2000年の先取りか、中国の覇権主義の行方

JUGEMテーマ:歴史

 

これは昨日の話の続きです。

今の時代は春分の日の日の出が水平線(地平線)から昇るのが水瓶座で、この2000年は水瓶座の時代と呼ばれることになります。

水瓶座を象徴するのは革新的な技術とコミュニケーションで、その象徴となり得るのがインターネットでしょう。

そしてその水瓶座の時代の初期に登場した新型コロナは人々に社会的な距離を取ることを求められ、そのことがリモートワークという概念を生み出し、インターネットの利用は人類にとって必要不可欠なものとなりつつあります。

 

今までの時代もそうであったように、2000年の間に水瓶座が象徴する「革新的技術・コミュニケーション・民主主義・自由」という概念も負の部分が人類の発展を阻害するようになっていきます…それがどのような形で出てくるかは21世紀のkinaには分かりませんが。

水瓶座の時代の次は山羊座の時代になり、人々は規律や真面目さを希求するようになります…まるでドイツ人みたいだな、なんて思ってしまいましたが。

 

山羊座には「規律や真面目さ」という良い面もありますが、同時に「独裁や抑圧」という面もあります。

独裁や抑圧…と思ったら、すぐに連想されるのは北朝鮮、それから今回新型コロナが見つかった中華人民共和国ですね。

今の中国は新興国に巨額の資金を融資し、その返済が滞るとその国の港や土地を99年間租借したり、尖閣諸島や南沙諸島へ軍事的圧力をかけたり、「沖縄やハワイは自国の領土」と言い出したりと、「世界征服でもしたい?」「今さら覇権主義したいのか?」と言いたくなるような行動を繰り返しています。

それも新型コロナが抑えるような形になってしまってますが。

 

この水瓶座の時代にそぐわない考え方は魚座の時代のものでもなく、山羊座の時代の発想か…もしくは魚座の時代の前の、牡羊座の時代のものとkinaには見えます。

もし2000年先の、山羊座の時代の精神の反映なら「早すぎだよ」としか思わないですが、牡羊座の時代の精神から来るものなら…「どんだけ時代錯誤だよ⁈」となりますね。

 

もし中国が牡羊座の精神で動くなら…2000年ごろに起きた「ジャスミン革命」の再来が起きるのかもしれません。

チュニジアから始まったジャスミン革命は瞬く間に近隣の国に拡大し、リビアのカダフィ大佐は失脚し、命を落としました。

ジャスミン革命の原動力になったのは…インターネットの発達とTwitterやFacebookの拡散力で、それは水瓶座の時代を象徴するツールでもありました。

ジャスミン革命で混乱が拡大しただけの国や地域もあったと聞いていますが。

ジャスミン革命的なことがなかったとしても新型コロナによる経済の疲弊、三峡ダムによる水害、囁かれる蝗害という危機もありますね…。

 

2000年後の山羊座の時代には、父性を象徴するような国が世界をリードしていくことになります。

そのことを考えたら、イスラム教国圏と並んで中華文明圏が今から2000年後に覇者となる可能性も捨てきれないと思ってます。

2000年後の「独裁や抑圧」は水瓶座の時代の良きものも取り入れたものになっているはずで、中国が良い形で自国を発展させていけるなら…と思う気持ちもあったりします。

新型コロナと水瓶座の時代

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

2000年ごとに夜明けに日の出時に東の地平線にある星座が変わり、その星座がその2000年の時代を象徴する、と占星学で言われています。

ちょうど西暦2000年にその星座が魚座から水瓶座と移りました。

それを前後して登場したのが、アメリカ国防総省が軍事的利用をしていたのを民間にも開放した技術…インターネットです。

水瓶座は革新的技術やコミュニケーションを象徴する星座と言われていて、インターネットはまさに水瓶座の時代を象徴するものになりましたし、そうなるでしょう。

 

そんな水瓶座の時代のごく初期に、新型コロナとかいう、ウイルスの形を自ら変化させるというとんでもない伝染病が世界中に蔓延しました。

人から人の感染を防ぐために人の行き来の遮断が望まれる事態になりましたが、そんな時でも情報の伝達がスムーズなのはインターネットの普及があったからです。

そして、「リモートワーク」という、新しい形態での仕事が普及しました。

これはインターネットの技術なしでは相当難しいことだったと思います。

今では、新型コロナが今までの経済活動を完全に変えてしまったとされ、「コロナ以後」を見据えた社会のあり方が模索されていますね。

 

こうしてみたら…新型コロナは現代社会にインターネットの利用を確定させた大きなファクターでもあるように感じてしまいます…新型コロナがあって良かったと言ってるわけではないので念のため。

 

水瓶座が象徴するものはいくつかありますが、その中には自由や民主主義という領域も含まれます。

新型コロナの危機を克服したこれからの2000年は、自由と民主主義を標榜する国が牽引していくことになるのでしょう。

ぜひそうあってほしいものです…水瓶座の時代に独裁は似合わないから。

愛って何だ?Webデザインに見る「愛の形」

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

kinaは「愛は還元するもの」と思ってます。

たまにご夫婦で別れようとしている奥さんにモラハラ気質のご主人が「愛しているから、自分の世話と親の介護をやれ」という話を聞くことがありますが、これって愛じゃないことが多いんですよね。

夫のお世話と親の介護に対する対価が「夫から妻への愛」のみ

これっておかしいと思うんですよ。

もし本当に奥さんのことを愛しているなら、ご両親の介護は自分でやるか、自分ができないなら施設入所なりヘルパーさんなどをお願いして対応するでしょうし、自分の世話は極力自分でやって、奥様に対する負担を極力減らそうとする方向に話を進めていくと思うんですよ。

 

kinaが「愛は還元するもの」と痛感したきっかけは、とあるヒーリングを受けたいと、ヒーラーさんを探していた時のことでした。

そのヒーリングができるヒーラーさんはたくさんいた…はずなのですが、いざ探してみたら、HPに「私は神の愛を感じました」的な文言が並んでいたのですが、肝心の「ヒーリングの申し込みページ」が存在しないのです。

当然、お問い合わせフォーム的なものもない…というか、少なくともそのページを目を皿のようにして見てみたはずのkinaでも見つけられませんでした。

それが1人ではなく何人もいらっしゃいまして、30分探してもヒーリングを受け付けている人がおらず、苛々してきました。

その苛々に拍車をかけるのが、揃いも揃った「私は神の愛を感じました」という、いかにもスピスピした文言。

 

神の愛は分かったから、その愛をこっちにも還元してくれよ

 

と本気で思いました。

ひとりだけ、申し込み欄が簡単に分かった方がいらっしゃいまして、その方にヒーリングをお願いしたのですが…興味深いことに、その方のHPには「愛」という言葉がほぼありませんでした。

その経験から、kinaは「愛はそれ単体でなくて相手に何らかの見える形で還元するものなんだ」「わかりやすいHPはそれだけで見る人への愛なんだ、わかりやすいHPというのはそれだけでお客様のことを気遣っているんだ」と思ってますし、そういうデザインのものを使おうと思ってます。

今はSTORESさんのシステムを使い倒している状態ですσ^_^;

 

今は便利なWebデザインを、お手頃価格で利用することもできる時代です。

そういうのを使いまくって、お客様への気持ちを還元するのもありだと思います…Webデザインをすることを使命としている人に仕事をさせるという、占い師として幸せになる気持ちも共有できますしね♪