左翼と呪術

JUGEMテーマ:政治思想

 

安倍晋三首相(普ちゃん)への批判にはまっとうなものもあるのですが、聞こえてくる多くは言いがかりや人格批判、果ては普ちゃんを全知全能の神にでも仕立て上げるかの如くの難癖をつけるものまであります。

 

全知全能の神の如くに仕立て上げる難癖は、聞いてて非常に笑えるものが多く、kinaは楽しませてもらってますがね^_^;

 

それはさておき、こうした情報に接して思うことは「日本の左翼系統の人は、何故に宗教がかった批判をしてくるのか?」ということです。

普ちゃんの政策の柱は何と言ってもアベノミクスですが、具体的な数値を上げたアベノミクス批判ならともかく、この好景気の中で「日本円は50円になる」と予測する大学教授や、「アベのせいで台風が来た・地震が来た」という主張。

日本の右翼の方が日本の神様の名前を出して主張をしても、元々日本大好きな方々なのでその主張に共感するかどうかはさておき、さほど驚きはしませんが、元々神様を否定しているはずの左翼の方々が呪術ともとれる宗教的な言葉で政権批判をするのが謎なんですよね。

 

…と、そういえば左翼の本家本元の共産主義はレーニン・スターリンと毛沢東を神格化していたよな、と気づきました。

北朝鮮の金正恩労働党委員長は世界中の言葉を使えて、7歳くらいで銃の使い方を覚えたスーパーマルチ天才人間らしいですね…それでも左翼の人達が言う、株価はまだ理解するとしても、天候も災害も、北朝鮮の弾道ミサイルもトランプ大統領も操る万能神安倍晋三にはかなり劣っています。

どんだけ凄い神なんですか安倍総理は^_^;

 

かといって、共産主義のバイブルであるマルクスの「資本論」には「誰かを神格化せよ」なんて言葉があったはずもありませぬ(元々ユダヤ教のラビの家に生まれたマルクスが書いた資本論が聖書の影響を受けているというのは否定できませんが)。

共産主義者は神を否定するが故に、あるいは批判者を封じ込めるために指導者を神格化する必要があり、それが呪術と結びついていった、という側面はあると思っています。

 

左翼(共産主義)と呪術の関係を調べる…これからのkinaのライフワークになりそう^_^;

VIVA,シンガポール!

10月上旬に韓国で潜水艦の観艦式があったのですが…そこでまたしても出てきました旭日旗問題(-_-メ)。

 

韓国が自衛隊に「戦犯旗である海軍旗(旭日旗)を上げるな」と言ってきたのです。

また、「海軍旗をつけるな」と参加する国すべてに通達したとのこと。

日本の海軍旗は旭日旗で、それを上げないと不審船に見られて攻撃されてもおかしくない。

そして、海軍旗を上げないで他国に入ることはその国への降伏を意味するそうです。

 

この問題がどうなるか固唾を呑んで見守っていたら…日本は「韓国が旭日旗を降ろせと言うなら参加できない」として参加拒否。

「おお、やったぜ海上自衛隊」と思っていたら、今度は中国も参加拒否。

さらにイギリスも拒否。

そして当日の他の参加国のご様子。

U-1NEWSさんからの引用です。

 

マレーシア…当日ブッチ

フィリピン…遅刻で出席せず

8カ国…要請無視

シンガポール…ドジして、太極旗を半旗にしてしまう

アメリカ…反対デモで、空母寄港できず(韓国海軍曰く、最初から決まってたことニダ)

韓国…大統領艦に変な旗を掲げてしまう

 

文中にある8カ国ですが、メインマストに海軍旗を掲げて入港したとのことで、これは何を意味するかというと…「自分達は韓国と戦争中です」になります。

どうも、「指定の場所に海軍旗を掲げるな」と本気で通達していたみたいで、参加した国は指定がなかったメインマストに海軍旗を掲げた=韓国と戦争中という意思表示になってしまった、というわけ。

しかも韓国は各国へ要請をして自分達はそれを破っているという。

どう考えても、普通にあり得ないですよね…「メインマストに海軍旗」の事実だけで、各国海軍がどれだけキレたか、よくわかるというものです。

 

特に注目すべきはやっぱりシンガポール。

海軍旗のルールは知らないkinaでも「太極旗の半旗を掲げる=韓国にお悔やみを申し上げる」という意味はよ〜くわかりますもの^_^; よくやったと思ってます。

参加国の海軍の皆様、精神的な意味で本当にお疲れ様でした。

 

正直、韓国の動向を見ていたら、シンガポールがちょっとだけ早く「半旗を掲揚しただけ」と言いたくなるような状況です。

今後どうなるか、韓国ウォッチは続けていく所存です。

 

東日本大震災の時の「大地震をお祝います」はまだ忘れてませんからね。

 

JUGEMテーマ:韓国

韓国の徴用工判決

10/30に韓国の徴用工に関する裁判で判決が出ましたね。

その2日前に裁判の結審を長引かせていた判事を逮捕して、裁判官に圧力をかけまくった甲斐もあり、お約束通り日本企業の敗訴となりました。

 

徴用工が給料を請求するのは構わないし、むしろその権利は日本でも韓国でも保障されているのですが、請求先は日韓基本条約で制定されている通り韓国政府。

日本は既に該当するお金は支払い済みなのです。

 

ま、韓国政府、当時の大統領朴正煕は北朝鮮にも渡るはずのその資金を元手に漢江の奇跡と呼ばれる経済成長を成し遂げて、国民に還元しなかったわけですが。 これ自体は賛否はつけがたいと思ってます。

漢江の奇跡のお陰で韓国は豊かになりましたから。

 

韓国に対する様々な思いは、もう既に他のサイトで良いだけ見れますし、YouTubeでも見られますのでそちらを見ていただくとして…何かもうね。

色々と終わってます。

ただ、歴史好きとしてはひとつの国が滅ぶべくして滅ぶ過程をリアルタイムで詳しく、それも対岸の火事状態で見られるのは貴重で有り難いことだと思っています。

 

そうそう、色々あったネットの意見の中で、kinaも思わず賛同したのが「マスコミは何故石破(元幹事長)に話を聞きに行かないのか?」というものでした。

韓国に謝罪し続けねばならないと言ってる石破さんのお話を、ぜひ聞いてきてほしいですね。 石破さんも、こういう時にこそ存在感を示さないと…と思うんですが。

 

JUGEMテーマ:韓国