カップラーメンと厚生労働省の統計から見る、結婚の相性のお話

JUGEMテーマ:占い

 

好きな人とのお付き合いや結婚に際して相性を気にする方は多いと思いますが、厚生労働省の統計を見る限り、「結婚を長続きさせるのは相性の良し悪しではない」と思っています。

厚生労働省の統計によると、日本人は6秒に1組が結婚し、2分に1組が離婚するそうなのですが…本当に相性が良いカップルというのが存在するなら、離婚するカップルはもう少し少なくてもおかしくはないと思うんですよ。

 

2分に1組が離婚するって、カップラーメンができるより短い時間ですよ?

 

本当に相性が良いカップルばかりなら、せめて半日に1組程度になると思うんですよ。

 

「結婚には相性が大事」というのと、「厚生労働省の統計」という現実の矛盾に対して一番納得する説は、意外と往年の名優、故丹波哲郎さんの「結婚は相性が最悪なカップルがするもの」という説だと思ってます。

「どうして相性が最悪なカップルが結婚するか?」というと…「結婚生活が修行の場となるから」です。

元々相性最悪なカップルだから、離婚することになっても全くおかしくはありませんし、厚生労働省の統計がこんな値になるのも当然だと思うんですよ。

逆に言えば、何だかんだ言っても結婚生活を長続きさせている方は、それだけで最悪な相性を知恵と愛情でカバーしていける素晴らしいご夫婦なのかもしれませんし。

 

…というわけで、kinaにしろ誰にしろ、結婚の相性を占ってもらって、「最悪な相性ですね」と言われたら、それは「結婚の可能性がある」ということで逆に喜ぶべきことかもしれません。

そういうわけで、kinaは「結婚の相性」ではなく「結婚の設定」と言ってますし、相性が最悪とでたら「おめでとうございます♪」とお伝えしています。

 

占い師の猫になれるための条件?その2

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

占い師kinaのところにやってきたたぬきねこ。

前回寂しくて、kinaが集めていたパワーストーンをぶちまけて遊んでいたことは前にブログでも書きましたが、またもや不思議なことがありました。

元々たぬきねこはkinaが「お仕事」をする時は、ペンデュラムを使っていても一切邪魔をすることはないのですが、先日ヒーリングをする際には…何と隣の部屋に自ら行って待機。

ヒーリング終了後に出てきてkinaに甘える、というびっくりなことをやらかしてました。

 

たぬきねこがヒーリングのエネルギーを察知して出て行ったのか、普段とは違うkinaに「これはこっちに逃げるべし」と思ったのかは不明ですが、この猫は普段のkinaだけでなく、占い師としてのkinaのところに来るべきして来た猫なのか…と思ったりしています。

 

 

ぼたもちねこ

 

顔がぼたもちで可愛いと思うのはある種の親バカなんでしょうかσ^_^;

占い師の能力を担保するもの

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

kinaという占い師の才能を絶賛してくださるお客様もたくさんいらっしゃいますが、kina自身が物凄い才能の占い師か…と言われたら必ずしもそうでない部分は多いかと思います。

少なくとも宣伝と金儲け的な意味での才能は乏しい占い師かとσ^_^;

 

kinaの占い師としての能力を担保しているのはkinaの占いの能力は当然かもしれませんが、それ以上に文書構成能力と歴史と法律、投資を中心とした知識ではないかと思う今日このごろ。

文書構成能力が比較的高いのでわかりやすい文章をお客様に提供できることと、占いの結果に対して歴史や法律といった知識で裏付けをしようとするタイプなので結果に説得力が出てくるみたいですね。

さらに、kina自身が歴史や投資が好きなので、好んでそういう情報を目にしてしまうというのが大きいと思ってます。

 

もっというと、抽象的な概念より未来を変えるための簡単に実践できるアドバイスを提供したいと思っているのが大きいと思います。

そういう意味ではkinaは高次の次元にいるような占い師ではなく、割と地上に近い次元にいるような気がしますが…kinaとしてはそれが自分に向いているとも思ってます。

 

そんな kinaのリーディングをこれからも楽しんでいただけたら幸いですし、逆に言えばこれから占い師になりたい人でも、占いの能力だけでなく、その能力を担保する強みがあればやっていける…と言えるかと思います。

その強みは人それぞれなんでしょうけれど。