(やっぱり)中国共産党に天命はあるのか?

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

新型コロナという疫病が中国の武漢で発生し、さらに飢餓化したサバクトビバッタがエチオピアからインド・パキスタンに向けて移動し、「中国共産党という政権の天命が尽きようとしているのか?」と以前ブログに掲載しました

そしてその時に「これで水害が起きたら三国志の時代をコンプリートするらしい」とも書いたのですが…そんな事態が本気で起こりそう、というか既に起こっているようです。

全くおかしな話ですが、日本のマスコミはこのことをほとんど報道していないようなのですが。

 

ここ最近…と言っても1か月以上前から長雨が続き、以前から「ここのダムは決壊しかねない」と言われていた中国の三峡ダムの形が歪むほどになっている。

さらにダムの保全のために予告なしで緊急放水をしているためにダムの下流は大被害を受けている。

このダムの先には重慶や上海があるのですが、「上海が海上になってしまう」なんて本当なら笑えないジョークまで飛び出す始末。

 

そして…このことを動画等で海外に拡散しようとしている人達を政府が逮捕しているという、本気で笑えない状況になっているようです。

それでも、この水害を憂慮している人達は、台湾経由で情報や動画を流しているそうです。

このような状況でも外の世界に情報を出している方の勇気に敬意を表すると同時に、情報を世界に出している人達の身辺の安全をいろんな意味で祈っています。

 

情報統制をして被害を拡大させるって、新型コロナの時に経験済みな気がするのですが…こういう話を聞いていると、歴史好きとしては「中国共産党の天命」について考えさせられてしまいます。

中国共産党の色は「赤」の火徳で五行説に基づいたら次は「黄色」の土徳の色が覇者となる…と。

黄色といえば…亡命したチベットの最高指導者ダライ・ラマは「黄帽派」と呼ばれていたりします。

 

こちらとしては、中国共産党の徳は文革と大躍進政策だけでもう十分尽きていると言いたくなりますね。

赤の中国共産党の天命が、黄色の「くまのプーさん」を連想させる習近平国家主席の時に尽きたとしたら、それもまた複雑な気持ちになってしまいますが。

共産主義とデミウルゴス

JUGEMテーマ:政治思想

 

ハイヤーセルフから「こういうテーマでブログの記事を書いてみたら?」とアドバイスを受けたのと、元々こういう記事を書きたかったから書いてみたりします。

 

どうも、歴史好きなkinaのライフテーマのひとつは「共産主義というものの本質について、神学的に解釈する」ということではないかと思ったりします…こんなのを今ごろ考察しても金にはならないだろうし、誰が得をするんだか?とも思いますけれど。

日本赤軍のことを語るなら、必要なのは共産主義の知識以上に心理学の知識じゃないか?と本気で思っていたりします。

 

共産主義の原点及び主旨は「偏った富を社会に分配して貧富の格差をなくす」というものでしたが、何故か指導者を始めとする共産党員とそれ以外の国民の貧富の格差は是正できないどころか下手をしたら拡大し、旧ソ連や中国の文化大革命に代表されるように国民は弾圧されることも多かったです。

その過程で神を否定することにもつながったし、実際に神というか宗教に関わる組織がお金に直接結びついて、それが貧富の差を生み出していたというのもあって、共産主義は神を否定していたわけですが…共産主義者は無意識に神がいる場所に「共産主義」を置いて、さらに悪いことに共産主義が絶対的権力を持つ構造をそのまま残してしまいました。

それで、今までは神につながるものが金と権力を保持していたように、共産党のトップが金と権力を保持するようになった。

さらにいうと、党の共産主義者はそのことに気付けなかった。

 

今共産党のことを思うと、kinaはグノーシスという教えの中にあるデミウルゴスという神のことを考えてしまいます。

デミウルゴスは本当の神に命じられてこの地上を作り出した神だけれど、欠点があるから完璧な世の中は作り出せない。

そして本当の神に嫉妬して、自分が本当の神のように仕向けている。

 

共産主義者達も、デミウルゴスのように自分達が作り出したものが完璧だと信じているけれど実際は完璧ではないので、自分以外の誰かにその原因を押し付けようとする。

そのために事実を捏造・隠蔽する。

事実はそのまま残り続けるので、世界は混乱する。

そして共産主義がデミウルゴス、つまり本当の神でないこと、完全なる世界ではないことが白日の下に晒された時、「共産主義」というデミウルゴスが作った世界は終わる…と。

これは神への信仰を認める民主主義なら多分見抜けたことだったんでしょうけれど、神への信仰を禁じた共産主義を学ぶ人には容易に気づけないことだったのかもしれません。

 

ペレストロイカと情報公開によって旧ソ連は瓦解し、共産主義は終焉しました。

中国も北朝鮮も、本来の共産主義とは別のものに変貌していますし、デミウルゴスの仮面は既にあばかれています。

あとはその仮面が本当に剥がされることになるだけかと。

その仮面を…できるなら自分達で剥がすことができれば良いのでしょうけれど。

 

自由と平和を愛しているから、自粛に協力するという先にあるもの

JUGEMテーマ:歴史

 

昨日、北海道の携帯電話持っている方には老若男女問わず直道ちゃんからのラブレターが、派手な音を響かせて届きました^_^;

その内容は

 

GWの期間中は…

・札幌の人は家にいろ!

・札幌以外の人は札幌に来るな!

・北海道外の人は北海道に行き来すんな!

 

という、非常にわかりやすいコロナ対策。

「直道ちゃん」というのは北海道の鈴木直道知事のことです(ぉぃ)。

札幌が医療崩壊起こしたら、助かる生命も助からなくなりますからね…北海道の先端医療は札幌に集中しているというのは事実ですし。

 

そんなわけで、kinaも買い物とお散歩以外はほとんで家に過ごす日々です(散歩は感染リスクが少ないと言われています…自己責任ですが)。

韓国もコロナ対策を著効を上げているなんて話もありますが、それは感染者のスマホのGPS情報を公開して、接触を防ぐという方法を使っているというのはあると思ってます。

地味に戦争中の韓国なら理解もできますが、今の日本でこんなことをしたら間違いなく非難轟々のお話になることでしょう^_^;

もちろんkinaだってそういうのは嫌ですわ。

 

…でも、この自粛要請を無視する人が多くて新型コロナが蔓延して死者が増えるのなら、自由より統制を重視されることになっても何らおかしくはありません。

そして自由より統制が幅を効かせるようになったら…その先に戦争が見えてくるのも歴史ではよくあること。

ある程度統制がされている国民のトップに、戦争をしたい人がきたらどうなるか…という話です。

 

確かに移動の自粛に参加しないのもそれは自由です。

だけど、その先に見えるもののためにGW期間中はしっかり家にいて、「外出自粛する」という自由を駆使して新型コロナの蔓延を防ぎたいと思います。