アベノマスクに思うこと

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

いよいよkinaのところにも政府が配布するマスク、俗にいう「アベノマスク」が届くようです。

kinaはマスクを自作できる人なので、ひとしきり感心した後は使ってくれそうな誰かにあげようかと思ってますがσ^_^;

 

このアベノマスク、一部では酷評されているようですが、マスクを作れる人間として思うことを書いていきたいと思います。

 

確かにアベノマスクより小池百合子東京都知事のする「ユリコマスク」の方が可愛いと思います。

というか、kinaが自分のために作っているのも、ほぼユリコマスク型だし。

 

では、どうしてアベノマスクがあんな形になるかというと…「感染防止と人件費」という部分を重要視したからではないでしょうか。

 

アベノマスク配布の段階で、日本は感染者が多い国との人的交流を絞っていました。

…となると、マスクは国産を考える、ということは誰でも想像できることかと思います。

そうなると、金額の上で大きな要素を占めてくるのは「材料費」よりは「人件費」となってくるでしょう。

ユリコマスク型は確かにお洒落だし生地も節約して使うことができるのですが、アベノマスク型に比べて縫う場所と回数が多く、「曲線部を縫わなければならない」という「時間」という部分を多く消費してしまいます。

直線部に比べて曲線を縫うのは手間も神経も使います…こんなこと、すぐにわかるかと思いますが。

プリーツ型のマスクでも、今度は「(余計に)アイロンをかける」という手間が発生してしまいます。

手間がかかれば時間がかかりますし、それは人件費に直結してしまう。

 

人件費という経費を抑えて税金を節約しつつ一気にマスクを作るなら、アベノマスク型が最良になるんですよ

 

さらに、アベノマスク型だと口に当たる部分はガーゼが何重にも使われるので、「飛沫感染を防ぐ」という意味ではより安心できる構造になります。

製造を委託されたメーカーさんだって、「節約して大量のマスクを作ること、飛沫感染を防ぐためにはどうしたら良いか?」ということは絶対に考えたと思います。

アベノマスクを批判するのは自由ですが、そういう部分に気を使ったであろうことも知った上で批判してほしいと思います。

 

kinaもこれからも、ユリコマスク型のマスクを自分のために作ろうかと思います。

自分のための手間ですから、人件費なんて知ったことじゃないですしσ^_^;

猫を飼うなら成猫の方が良いと思う理由

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

kina個人としては、飼うなら子猫より成猫を飼った方が良いと思ったりします。

特に2ヶ月未満の子猫だとお留守番なんてさせられないけれど、成猫なら手もかからないし1泊のお留守番も大丈夫。

 

何より…確かに子猫の可愛さは誰もがノックアウトされる可愛さがあるけど、それが大人になっても続くとは限らないんですよσ^_^;

大人になっても可愛い猫は、その後も可愛いまま。

 

子猫の時には可愛くて、成猫になってから「子猫の時は可愛かったのに…」と思いつつ、思い描いたのとちょっと違う見た目になった猫を残念な気持ちで見るよりも、「可愛い♪」と心底思いながら可愛い成猫を見てにやける方がずっと良いと思うんですよ。

男にも商売道具にも見た目を求めるkinaは、当然猫にも見た目を求めるわけで。

 

子猫の里親募集に対して応募が殺到するけど、成猫はあまり希望者がいなかったりします。

でも大人になった猫でも可愛い猫は本当に可愛いです。

成猫でも良い里親さんに巡り会えたら…と思ってこんな記事を書いてみました。

 

アイリッシュミュージックが好きな猫?

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

たぬきねこをお迎えしてから、「猫は大きい音が嫌い」というからなるべく離れたところでアイリッシュホイッスルを練習しているのですが…すりすりしつつ寄ってくるたぬきねこ。

今日は久々に、まったりする猫に遠慮して、戸を閉めて演奏していたら…戸の影で「にゃーん」と待っていて、次の曲を演奏していたら、いつも私が座る座布団で待ってました。
さらに、「うるさくてごめんねー」と言いながら演奏を終了したら、「まだやれ」と言わんばかりにすりすりしてきたので、試しに2曲ほど演奏したら…そばで聞いている。
こんなことってあるの?ケルト音楽好きな猫ってどうよ?と、ちょっと思ってます。
kinaの持っているアイリッシュホイッスルは、確かにわりと音が小さ目タイプで、普通のより大きいので音も低いのですが…ケルト音楽が好きな猫って聞いたことがありませんσ^_^;

座布団に座るたぬきねこを撮ろうとしたら逃げられました…。