猫にジョージ・ソロス^^;

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

たぬきねこのご主人kinaの趣味のひとつはまさかの投資。
ジョージ・ソロスというのは有名な投資家の一人で、イギリス相手に投資をして大儲けしたという凄い方。
とは言いつつも、個人的にはウォーレン・バフェットを尊敬しています。

 

昨日はどうしても外せない用事があって、ニャンコに泊まりがけでお留守番をさせようとしたら…その翌日は天気予報でまさかの30°C。
「ニャンコに何かあったら…」と、現時点でできる対策を講じまくって、それでも心配なkinaはたぬきねこを指さしつつジョージ・ソロスの名言「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ」のパロディを命じました。

 

まずは生き残れ。甘えるのはそれからだ」と。

 

その言葉にきょとんとするたぬきねこの姿に笑ってしまいました。

翌日は思った以上に気温が上がらず、帰ったら…無事に生き残ったたぬきねこからずりずりゴロゴロの洗礼をたっぷりと受けました…σ^_^;

生き残ったんだから甘えても許されますわな。

 

ばんざいねこ

 

やっぱりひふみプラスはすごい

JUGEMテーマ:資産運用

 

新型コロナに伴う株価下落でkinaのポートフォリオは一時期全部赤字になっていたのですが、最近は黒字になっているものもぼちぼち出てきています。

チャイナショックでも下落率を抑えていたクアトロ(ピクテマルチアセットマネジメントファンド)は当然のこと、S&P500インデックスファンドも黒字になりましたし、何より健闘しているのがレオスキャピタルワークスのひふみプラス

一時期はガッツリマイナスだったのですが、あっという間に利益を回復していました。

 

kina個人の勝手な考え方として、「外国先進株はインデックスで良いけど、日本株は良質なアクティブタイプの方が良い」と思ってます。

ひふみプラスはバリュー投資に特化した投資信託で、東証1部や2部はもちろん、マザーズの株も取り入れている投資信託で、今までの実績からとても評価されているファンドです。

なんせ、リーマンショックの後にも利益を出してたくらいですからね…。

そんな投資信託を、毎月淡々と積み立てていたというのも大きいかと。

 

これからも地味にコツコツと、今持ってる投資信託を毎月積み立てをしていくつもりです。

kina的初夏の風物詩

kinaにとって、「ああ、この季節か〜」と思うのがこの看板。



北海道は山菜シーズン真っ盛りです。

山菜採り