中国共産党に天命はあるのかないのか

JUGEMテーマ:歴史

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう中国。

新型コロナウイルスだけでも恐ろしいことですが、この他に型が全く別の鳥インフルエンザ2種も発生している状態です。

これだけでも中国の歴史を少しでもかじった人、あるいは天人相関説という、中国皇帝の徳の無さが天変地異を引き起こすという古代の思想を知っている方なら「中国共産党の天命もそろそろ…」と思うところですが、ここに加えて「イナゴ」という脅威が中国に迫っている、という話が出てきました。

 

エチオピア地方で発生したイナゴ(トノサマバッタの変異種)ですが、現在はアジア地方に移動しまくり、インド地方のある州の植物を食い荒らし、70万人のインド軍兵士を退けて中国方向に向かっている、と。

今この状態の中国に移動したらどうなるか…想像しただけで恐ろしい。

 

このイナゴを効果的に退治するのは「イナゴが高温多湿なところに行く(そうすると、バッタカビと呼ばれるカビのせいで死滅する)」か「野鳥の餌になる」なのですが、さっき言いましたよね?

 

中国では新型コロナウイルスだけでなく、型が全く別の鳥インフルエンザ2種も発生しているって。

 

そう、イナゴを退治する鳥がやられているんですよ。

さすがにこう聞かされたら、占い師である立場を優先しないkinaだとしても「これは…中国共産党の天命が尽きるのか?」と考えてしまいました…。

中国共産党がそれだけのことをやらかして来たのも事実ですし、ここ最近の事例を取らなくても、文化大革命の話を排除したとしても、大躍進政策だけの話だけで「ここで天命終わりやがれ(-_-メ)」と本気で思うくらいですしね。

 

どうも(香港の)暴動、疫病(新型コロナウイルス、鳥インフルエンザ)、飛蝗ときて、地震か津波、それから水害が来たら三国志での災害をコンプリートするらしいです。

 

まさか21世紀に生きるkinaが、劉備や諸葛孔明がいる時代のことを追体験するとは思いませなんだ…。

 

飛蝗が来たら日本だってダメージを受けかねないので出来れば来てほしくはないのですがね。

リターンズオブダンス・マカーブル?スペイン風邪?新型コロナウイルスの行方

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

中国の武漢から発症した新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るいつつあるようですね。

実際に日本でも発症した人が確認されています。

原因は武漢の海鮮市場に出回っていたネズミから発症したとのことですが、どうも発症当時に中国当局の隠蔽があったようで、イギリスの研究機関が「新型コロナウイスルによる肺炎は中国当局発表よりずっと多い」という発表をしていたりします。

 

そして、中国共産党は武漢の出入りを禁止しましたが時期が経ちすぎていることと…明日から春節で、中国人が各国に旅行に出る、ということで新型コロナウイルスの世界中への拡散を懸念している人も多いです。

最初は「接触感染」と言われていたそうですが、拡散具合を見たら、どうも「飛沫感染」ではないかと見ている人もいますね。

新型コロナウイルスによる肺炎は3%(すいません、30%というのはkinaが確認したもののミスのようです。

ペストよりは圧倒的に低いですが、このデータ自体が隠蔽されている可能性すらありますね。

これが空気感染だったら…考えるだけでも恐ろしい(¯―¯٥)。

 

話は変わりますが、世界で最大領土を得たのはモンゴル帝国でした。

その原動力は、当時は最速とも言える馬の機動力と戦略にあったのですが、馬と同時に移動したネズミがもたらしたペスト(黒死病)の蔓延で移動網が使えなくなる+人の移動が制限されたことがモンゴル帝国の瓦解と、ヨーロッパとアジア大陸の断絶を促した…という話を聞いたことがあります。

 

新型コロナウイルスの感染がペストのような空気感染だったとしても、スペイン風邪(インフルエンザ)のような飛沫感染だったとしても、ここまで交通網が発達したら拡散は早いでしょうし…このことがモンゴル帝国の瓦解を促したように、今の中国共産党の瓦解を促す結果になるのかな?と思ったりもしました。

少なくとも隠蔽による拡散の責任は誰かが取らなければならないでしょう。

その責任を誰が取るか?というところはあるでしょうけれど。

 

いずれにしても、新型コロナウイルスへの対策が早めに取られること、効力の高い薬が開発される等して、被害が少なくなりますように。

マキャヴェリを理解するなら今の韓国を見よ

JUGEMテーマ:歴史

 

ただ今図書館から「文在寅という災厄」という、武藤正敏元韓国全権大使の本を借りて読んでいます。

武藤元大使、文大統領を散々批判しております…大丈夫かな?と思うくらい^_^;

 

 

 

 

それで…この本を読み進めていくと、kinaはマキャヴェリの君主論の言葉が頭を掠めていくんです。

 

君主は愛するより恐れられるべき

君主は庶民の財布の中身を奪うようなことをしてはいけない。親を殺された恨みはいつか忘れるが、財布の中身を奪われた恨みは忘れない

君主は隣国を利益を考慮してはいけない

 

君主論でマキャヴェリが理想としているリーダーはチェーザレ・ボルジアだったと言われています。

そして文在寅大統領は、マキャヴェリが失格と見なす君主のあり方をことごとく実行しているリーダーなんですよね…。

チェーザレも相当腹黒い人でしたが、他人から見て「悪」と思えたことは一気呵成にやってしまう度胸のある人でした。

そこが他人に責任を押し付ける文大統領とは大きく違うところですね。

 

そう遠くない未来に文大統領は「マキャヴェリの君主論の正しさを証明する代表例」として紹介されるように思います。

 

では朝鮮半島のチェーザレ・ボルジアは金正恩か?と言われたら…出自と悪事はバッチリですが、チェーザレはイケメンだったらしいですからね…。