誰にでもできる不妊対策?!

kinaは「こうのとりのリーディング」という、スピ的な方向から赤ちゃんがやってくるためのアドバイスをお伝えするリーディングをしています。 このリーディングで、実際に赤ちゃんが生まれてきたという嬉しいご報告もいくつかいただいています。

 

お客様によってもちろんアドバイスは異なります。

ですが、お客様でなくても、誰でも簡単に実践できる方法で赤ちゃんがやってきた…という方法がいくつかあります。

 

そのうちのひとつはリフレクソロジー。

足の裏にある反射区と呼ばれる場所をもみもみして刺激を与えることで、体が抱えている不快な症状を和らげていく…と言われるボディトリートメントの一種です。

このリフレクソロジーを続けて、知らないうちに生殖器系の反射区にも刺激を与えたのか妊娠した…という話を、実際にそういう体験をした人から聞いたことがあります。

 

kinaも、生理不順が続いていた時にリフレクソロジーを続けていたら、気がついたら生理不順が治っていた、ということがありました。

そのこともあって、「リフレクソロジーをしていたら妊娠した」というお話はあながち嘘でもないと思っています。

 

お近くにリフレクソロジーを施術する場所がなかったとしても、自分で自分にリフレクソロジーをすることは可能です。

今では詳しい解説本もいくつかありますしね。

ツインソウルのひとりあるき

ツインソウル…魂の片割れ、魂の一卵性双生児…恋する女性にとっては興味をそそられる響きではないでしょうか。

kinaもリーディングや実生活を通してツインソウルであるパートナー同士を何人か見たことがあります。

 

「ツインソウル」というと、「ツインソウルと出会うと、理想の恋愛ができる」的なイメージがつきまといますが、実態は必ずしもそうではありません。

少し考えていただけるとすぐにご理解いただけるかと思いますが、そもそも魂は天界で時間や距離の制限のない、無償で最高で究極の愛を常に体験することができます。

もし本当にツインソウルと究極の愛を感じていたいなら、地上に生まれることなく、天界で愛を感じていたら良いわけで。

それ以前に最初からツインソウルを探す必要もないわけで。

何で究極の愛を味わえる空間を自ら離れて、わざわざ時間と空間の制限がある地上でやんなくちゃいけないんだ、という話です。

 

…となったら、「ツインソウルと単に愛し愛されるために生まれてきた」ということはほぼありえないと思うんですよ。

では、何でわざわざ地上に生まれてツインソウルとの愛を実践するかというと…一番考えられるのは試練のため、となるんじゃないかと思います。

 

愛することが難しい環境で相手を愛することは結構難しいものだということは、誰にでもご理解いただけると思います。

kinaが見てきたツインソウルの方も、難しい環境で愛を育むことを課題にしている方は多かったですし、ご自分とお相手がツインソウルだと見てわかることは少なくて、後から誰かに指摘されて気づくパターンが多いですね…気づいていたら「ツインソウルの学び」とはならない場合も多いので。

 

なので、ツインソウルと恋愛したいということは…結構大変だと思います。 少なくとも、どんなに辛い環境でも相手を愛するということは必要かと思いますよ。

 

缶詰でラーメンスープを作る?!

JUGEMテーマ:ラーメン

 

最近、石蔵文信さんのこんな本にはまってます。

よく読むのは1巻。

適当に作っても美味しいものができるので気に入っているのですが…今回は2巻に載っていた鍋焼きラーメンにチャレンジ。

 

ラーメンはともかく、ラーメンスープをやきとりの缶詰から作るという、結構びっくりな料理で、恐る恐る作ってみたところ…意外と美味しかったです。

確かにスープはあっさりしていて(ちゃんと飲んでみた)、こってりスープが好きな人には物足りないと思いますが、ラーメンスープの素を使わないで作るラーメンスープとしては上出来。

 

材料も、やきとりの缶詰とちくわ、万能ねぎ(無かったので長ネギを細く切って代用)、卵で出来ますからそんなに難しくはない。

時間も、20分もあればできるでしょうし(多分実際はもっと短い)。

 

男のええ加減料理の本シリーズは「男」とは言ってますが、日頃忙しかったり、料理が面倒だと感じる女性にもうってつけな本だと思います。

なお、1巻の「豚もやし」と「缶詰さば大根」も美味しかったですよ(*^^*)。

評価:
石蔵 文信
講談社
¥ 1,512
コメント:60歳を過ぎた男性にも良いけど、若くて忙しいねーちゃんにもお勧めしたい本です。

kina的にDailyStockAction

胆振東部地震後の出来事から「常温で保存できる食品を備蓄して、日常生活でも使いつつ、災害が起きた時にはそれを活用する」というDailyStockActionを地味に生活に取り入れているkina。

この方法は、特に今の季節にありがちな「雪が凄くて買い物に行けない」という時でも対処できますし、たまに遠出をするので生鮮食品を買い控えたい時や帰ってきて料理が面倒な時にも役立っています。

 

kinaがDailyStockActionとして備蓄しているのはだいたい…

・乾麺のうどん、ショートパスタ(マカロニ)

・缶詰

・レトルトカレー

・ホットケーキミックス

・お麩

・レトルトトマトソース

 

あとは冷蔵保存で…という時もありますが、わかめはだいたい常備していますね。

 

レトルトカレーはご飯にかける時もありますが、乾麺のうどんを茹でてそこにかけて「カレーうどん」にすることが多いです。

また、麺つゆで味付けする時にもお麩とわかめがあったらそれだけでタンパク質やミネラルも確保できますね。

ホットケーキミックスは単に焼くだけでなく、豆乳なんかを入れて電子レンジでチンして食べるのも美味しいです。

遠出の前にはガスの消し忘れ対策にもなりますし。

 

レトルトのトマトソースを常備してもミートソースを常備しないのは…自分でミートソースは作れるから。

美味しくないのを常備しても意味ありませんからね^_^;

災害が起きた時には茹でたマカロニにトマトソースとツナ缶かサバの水煮缶を投入したものなら、栄養バランスも少しはマシになるかと思っています。

普段は常備しているマカロニ+自作のミートソースを作ったり、楽天レシピで知った、レトルトトマトソースに鶏肉を加えたアラビアータにしてしまっています。

kinaは鶏肉やしめじ、レンズ豆を入れていることが多いです。

唐辛子は一味唐辛子で横着することも多々ありますが(ぉぃ)。

 

いずれにしても、ある程度日常生活でも使える食品を備蓄することでいざという時に選択肢が広がるのは良いことだと思っています。

備蓄しているのは比較的好きなものばかりなので、食べ飽きるってこともないでしょうし^_^;

 

JUGEMテーマ:災害対策