イワナガヒメの美徳

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

あるお客様から教えていただいて、とても共感する内容だったのでお客様の了承を得てシェアしたいと思います。

古事記・日本書紀に出て来るイワナガヒメは桜の女神として有名なコノハナサクヤヒメの姉です。

コノハナサクヤヒメに一目惚れしたニニギノミコトが父親の大山祇神に結婚の許可を求めた時、コノハナサクヤヒメとの結婚を許可すると同時に姉のイワナガヒメも一緒に妻に…とされたのですが、ニニギノミコトは見目の悪いイワナガヒメとの結婚を断り、コノハナサクヤヒメのみを受け入れました。

実はイワナガヒメは岩のような長寿をもたらす女神で、コノハナサクヤヒメは移ろいゆく美を象徴する女神だった。

それ以降人間の寿命は短くなった…という神話です。

この系の神話、全世界に似たようなモチーフで語り継がれているのは不思議なところですが。

 

それはさておき、イワナガヒメは「醜い」ではなく「見にくい」、つまり「普通の人が気づきにくいところが長所だった女神」ではないか、というのがお客様のお話でした。

この新鮮な解釈に思わず「なるほど」と思ったkina^_^;

女性の見目麗しさでなく、優しさ、気遣い、そういう部分を象徴する神様で、決してイワナガヒメは悪い神様ではない…と。

 

古事記・日本書紀はこの後すぐに懐妊したコノハナサクヤヒメに対して、「他の男の子供だろう」とニニギノミコトが疑惑を抱き、ブチ切れたコノハナサクヤヒメが産屋に火を掛けてその中で子供を産む…という話になります。

その子供が海幸彦・山幸彦となり、話は続いていくわけですが…

 

「見目が良くない神様の娘である妻を追い出して、その妹でもある神様の娘である奥さんにビッチ疑惑をかけるニニギノミコトってどんだけ?!」と思うのと同時に…「こういう先祖の恥を堂々と歴史に載せる古事記・日本書紀の作者&編集チームもどんだけ?!」と思ったりもします^_^;

 

今の日本が自由で、不敬罪なんてものが無くてこういうことが言えるのは本当に有り難いことです(¯―¯٥)。

何だよそれ、的な姓名判断

JUGEMテーマ:占い

 

とあるコラムで記事にしようと思って姓名判断のサイトをいくつか覗いてみたのですが…それぞれのサイトで言ってることが全く違うという。

同じ名前でも、あるサイトでは「運気の良い名前」となり、あるサイトでは「大凶」となる、と。

この状態で必要以上に姓名判断に振り回されるのはどうかと思ったりします。

運気は目に見えないものですし。

中華圏以外の外国なら同じ名前の人がたくさんいるので、そもそも姓名判断が意味を成さなかったりするし^_^;

 

どうしてもお子さんにつけたい名前が大凶と言われたのなら、その名前が吉と出るサイトを探しまくるというのだってアリだと思います。

 

もちろん、読めなかったり親が呼ばれたら恥ずかしくなるようなキラキラネームや「虎王」と書いて「れお」君とか、「金星」と書いて「まーず」ちゃんのような名前は論外だと思ってますが。

ほんのり怖いラベンダーのお話

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

アロマの基本中の基本のエッセンシャルオイルといえば、やっぱりラベンダーではないでしょうか。

風邪から虫除け、鎮静効果があり安眠効果も期待でき、少量なら肌につけても問題ない(自己責任で)と、まさに万能に使えるであろうエッセンシャルオイルです…が、結構ここに落とし穴があったりします。

 

この間、色々調べて知ったのですが、ラベンダーにも色々な種類がありまして、真正ラベンダー、トゥルーラベンダー、イングリッシュラベンダーといったもの(実は全部同じものなんですが)なら、使用に気を使う必要もないのですが、中には神経毒の一種であるケトンという物質が多く含まれているものもありまして、香りを楽しむのならともかく、それを肌に直付けするのは危険…ということのようです。

そのケトンが多く含まれているのが、フレンチラベンダー…と。

 

今まで「ラベンダーは安全」という意識しかなかったし、kinaはフレンチラベンダーの香りの方が好きだったりするのでちょっとショックでした。

フレンチラベンダーは痩身効果が高いためボディケアに使われることも多いそうで、きちんと希釈して使うなら問題はないはずです。

直付けしたり、「効果が高いから」といって量を増やすべきではない、ってことでしょうね。

 

もう一つ知ったことは、真正ラベンダーは収穫量がそれ程多くなく、収穫量を増やすために品種改良をして、たくさんオイルが採れるラベンダーを作っているということです。

安易にラベンダーを使ってきたことを反省しました。

 

ラベンダーは何かと役に立つエッセンシャルオイルですので、大切に使っていこうと改めて思った次第です。